雪割草、カイワレ苗の植え替え

先週、オークションで落札した雪割草のカイワレ苗。

一回目は、自分より高額を出されてしまってダメだったのですが、今回がどうにか落札できました。

昨年種を蒔いて今年に発芽した苗。「紅すだれ」の原種だそうです。

白ベースで赤の模様が綺麗いな雪割草。花が咲くのは再来年の予定です。

小さいポットにぎゅうぎゅう詰めだったので、ひと苗ずつ植え替えることにしました。

用土には、小粒の鹿沼土、それに赤玉土の小粒を少量混ぜたものを使用しまいした。

苗を解してみると、かなりの数がありました。この時、根の乾燥は苗にダメージを与えるので、しっかり苗を洗って水の中に入れておきます。プラスチックの容器に底には中粒の鹿沼土を強いて先程の用土を少量入れていきます。

苗を優しく摘んで固定して、用土を入れていきます。これをひたすら繰り返します。

ここで、根の乾燥は避けたいので、植え替えたらすぐにたっぷりの水をかけていきます。

この雪割草の苗の根も様々。

枝分かれしている苗もあれば、直根もある。

これを鉢に1本ずつ植えていけば根の展開が期待できるのでしょうか?

20個のプラスチック鉢を準備していたのですが・・・足りませんでした。

そこで、大きめのプラ鉢に残りの8本を植え替え。

残り2本。

一本は、二葉とも茶色に変色し始めていたので、ごめんなさい。もう一方は葉の先端だけだったので、一本だけビニールポットに植え替えて隔離して管理です。

これで、合計29本の雪割草の苗の植え替えが終わりました。

これからの季節、管理が難しいですが、乾かさないように、水を与えすぎないように管理です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました