活力剤、HB-101を与えたケヤキ苗

昨年から愛用しているHB-101、今年も我が家の盆栽達にもしっかり与えました。

それで、成長にどのような違いがでるか?興味をもったので実験してみました。

左のトレーで管理しているのは、実生からなにもしていないケヤキの苗、左のポットで管理してるのは軸切挿し木にしたケヤキ苗。

このケヤキの苗たちには、定期的にHB-101を与えて、霧吹きで葉にも散布していました。

そしてこれが、今年の実験結果。左の画像手前のがHB-101を与えなかった軸切挿し木にした苗で、奥のケヤキ苗はHB-101を与えたもので、成長に違いがでました。一応この二つの苗は、同じ場所で、肥料の量も同じに、そして、水をかける時間も同じにしてみました。

他の軸切挿し木苗と比べても違いがありますよね~。

根の太さもHB-101を与えた苗が大きいような感じですね~、もちろんこれは植え替えしてみないと判断はできませんが、見た感じでも大きい。

この二つの画像は両方ともHB-101を与えた軸切挿し木の苗。しっかりしています。

来年の植え替えがたのしみですね。

今回の実験は、ケヤキの苗のみでした、来年は他の五葉松や紅葉にも行ってみようと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました