ケヤキ発芽苗の二股を作る

ケヤキの種を蒔き、軸切り挿し芽にして管理していました。今年はなかなかの成功率です。

もちろんこのケヤキ達、将来は箒立ちに作っていく予定です。しかし経験の浅い自分にとって、初めから二股に枝分かれしていると嬉しいのですが・・・・なかなかそう上手くはいかないのが現実です。

そこで今回は、成功したケヤキの軸切り挿し芽苗。枝分かれが二股になるようにある方法を試してみました。

ビニールポットに軸切り挿し芽にして管理しているケヤキたち、9割成功です。

その中でも右の画像のように始から綺麗に枝が二股に分かれている苗は2割程度です。全部このようになってくれればいいのですが、運任せですね。

ほとんどがこの上の画像のように1本だけ枝が展開しています。よく確認すると、その十字葉の上に芽があるのがわかります。

この芽をうまく成長させることができたらいいのでは・・・ということで挑戦してみました。

このケヤキの力は、1本だけ展開した枝の方に向いていると思います。そこで、その力を止めてみようと先端の葉をピンセットで摘んで取り除きます。ケヤキの芽摘みの応用ですね!

ある程度枝がしっかりしていると・・・やはり、葉の脇から新芽が展開してくるのですが・・・

ちょっと画像が見にくいです。十字葉の上の芽が展開し始めています。あとはこのまま待つだけ!

この上の画像は、先端のめを早い段階で摘んでいる苗、もちろん差はあるのですが、しっかり枝が展開してきました。

ここはもっと検証が必要ですが、まだ枝が若い段階で芽摘みを行なった方うがいい感じがします。

もちろん、この方法を行なったら全て枝分かれが二股になるとは限らないのですが、確率は上がるように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました