黒松苗、模様木への第一歩

年末の掃除道具を買いに近くのホームセンターへ・・・そこに「黒松」の苗があったので、3本ほど一緒に購入してきました。

この黒松の苗を模様木に仕立てていこうと思います。

この苗の中から面白そうな物を3本購入!

まずは、枝が左右に展開している黒松の苗から始めていきます。

針金を巻いて、根本を曲げやすくするために、ビニールポットの上の部分をカット。

アルミ線をしっかり土にさして、枝を避けて巻いていきます。

根元を思いっきり右に曲げ、螺旋状に曲げていきます。右側の枝が一の枝、左に展開している枝が幹となる部分で、来年に芽切りなどを行い2の枝、後ろ枝を作っていければと考えています。

そして真ん中の太い幹はこのまましっかり伸ばします。そうすることで、根本を太くしようという作戦です。

はたしてこの方法でいいのか?

来年が楽しみです。

次の苗も同じように曲げていきます。この苗は途中に来年展開する芽が3個あるので、ここを避けてアルミ線を巻きます。

芽を傷つけないように螺旋状に巻きます。

最後にこの苗は、文人に仕立てていこうと考えています。

この苗にもアルミ線を巻き、左右にクネクネと・・・

捻転させながら巻いていきます。

そして頭頂部にある芽。

一番元気のいい芽は来年ある程度伸ばして頭になるところ、その左右に3個芽があるので、2芽残してどちらか1本は芽を伸ばして下向きにグッと曲げるような感じ。

もう1本は後ろ枝と思っているのですが、場合によっては切るかもしれません。ここは来年の芽の展開で決めようと考えています。

これでまた来年の楽しみが増えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました