赤松素材2号の樹形構想、半懸崖

先々日、JA植木まつりが最終日の1日前で、更に日曜日ということもあり、美味しい出店もあるので家族づれで行ってきました。

風が強く寒かったのですが、多くの方がみえてにぎあっていました。美味しい食べ物もゲットし、もちろん盆栽素材もゲットしました。

それが赤松の素材です。

先々週だったと思うのですが、赤松の盆栽を(赤松1号)購入して、ちょっとお知り合いになったので、挨拶だけしに行ったつもりだったのですが、「これ持っていきなっせ」とかなり破格の金額だったのでつい購入してきました。

それで今回は、この赤松素材、2号の樹形を考察してみました。

この素材が赤松2号。まずは、枯れている葉を取り除き、枝をみやすくしました。

更に、勢いのある芽のところは葉をすいて・・・

混み合っている枝は、二股になるように剪定していきました。

かなりスッキリしましたね〜。ここから銅線を巻いていきます。

ある程度曲がっていたので、その部分を生かした状態で更に強く曲げていきました。

構想としては半懸崖に、今年の植え替えの時にちょっと斜めに行う予定です。

これで、赤松素材2号は、「半懸崖」で作って行こうと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました