赤松素材の芽切り、その後の様子と第二段

今回も赤松素材の芽切りです。前回、芽切りした赤松は樹高が18cm、今回は14cmの模様木に仕立てる素材です。

初めに、前回芽切りしたところを確認してみましょう。

根元ギリギリのところから芽切りした部分。

2個、新芽が展開しています。次に、3〜4mm残して芽切りした部分。

ここにも2個新芽が展開しています。

今回の芽切りの目的は、枝数を増やす事。新芽が2個あるので、順調に成長すれは達成できますね!

それでは、今回の芽切り素材です。

ここ、差し枝になる部分。芽が小さいので芽切りは行いません。

この素材の芽切りを行うところは5箇所。

1箇所は差し枝、2箇所は二の枝、3箇所は頭、4箇所は裏枝、5箇所は二の枝になる予定の部分、ここを芽切りします。

方法は前回の第一段(こちら)で行った物と同じで、芽のサイズが全部同じなので、根元ギリギリのところで切っていきます。

これで芽切り終了。

そして次週芽切りを行う素材がこちらです。

それでは、次週に前回と今回の新芽の展開と一緒に報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました