赤松素材の芽切り、〜第三段〜とその後

赤松素材の芽切り、第三段を行ったのが6月26日でした。ブログへのアップが一週間遅れてしまいました・・・でもそれにはちゃんと意味があります。

それは、前回、前々回の赤松素材の芽切り後の芽の展開も一緒に報告しようと考えて今回になりました。

それでは、動画も一緒にアップして報告です。

今回の芽切り素材はこの赤松

枝が間延びした感じがあるので、二股に枝分かれしているところも芽切りを行いました。

次に素材

手前の枝は将来剪定するので何もしません、一応、グーっと後ろに曲げ付ける予定にしています。そこで将来の枝のことを考え2箇所の芽切り。

頭の部分はそのまま、犠牲枝にして幹を太らせてみたいと思っています

これで芽切りは終了。

それでは、前回と前々回に芽切りを行った赤松素材の状況を見てみましょう

こちらは前々回(第一段)の素材

それぞれ左の画像が芽切り2週間後と右の画像が3週間後の状況。1週間で新芽が確認できて、2種間後には新芽が膨らみ、3週間後には、まだ小さいのですが新葉が確認できるまでになりまいした。芽数も2〜4個ほどありますよ〜

次は前回の素材

こちらは、左の画像が芽切り1週間後と右の画像が2週間後の状況。まだ新芽が確認できない部分もあり心配していたのですが・・・・。2週間後、新芽がちゃんと確認できました。もちろん、1週間後に確認できていた部分はしっかり膨んできています。

これで、赤松素材の芽切りは全て終了です。新芽も全てのところで2個以上確認できています。これで今回の目的、枝数を増やすことはどうにか達成できそうです。あとはこの新芽が枯れないようにしっかり管理していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました