糸魚川真柏苗、おもいっきり懸崖に!

以前に針金をかけて曲げつけしていた糸魚川真柏の苗。

根上がりの状態で半懸崖にと考えていたのですが・・・・

再度見直してみると・・なんかインパクにかける。

ここは、さらに曲げつけて、おもいっきり懸崖にしてみようと思い、再度針金をかけて曲げつけてみました。

まず、針金を外していきます。食い込んだ後もないし、まだしっかり幹も曲がっていません。

再度、針金を巻いていきます。今回はアルミ線ではなく、銅線を使用しました。赤丸の部分、しっかり曲げつける予定にしていたので、銅線で折れないように保護してゆっくり曲げていきます。

銅線はアルミ線より細めでもしっかり曲げつけることができ、思っていた以上に巻きやすい感じですね〜。また見た感じもいい(でも少し高価)

なので最近は銅線がいいな〜と思っています。

そして、その先を捻転させるように曲げていきます。

さらに、根の部分から捻転させた部分の中間点。ここもしっかり手前に曲げていきます。

赤い矢印の部分の枝にも銅線を巻き、上向きに曲げつけていきます。

四角枠部分にも銅線を巻き、90度下向きに曲げつけます。

これで今回、このようにしっかり角度をつけて植え替えていきます。

こんな感じの予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました