真柏盆栽、初の文人木

今回は、我が家にある糸魚川真柏の揷し木苗で、初めての文人木に仕立ててみました。

正直、この真柏苗ですが、どのような樹形にするかかなり悩んでいました。ちょうど幹が曲がった部分から大きな枝が展開していたので、模様木にとも思ったのですが・・・なんか面白みがないような感じがしたので取りやめ!

上にヒョロ〜と伸びた部分を生かせれば・・・・そう、思いついたのが文人木!

この苗、横から展開している枝は思い切って剪定することにしました。

下の枝、上部の別れた枝2本を残して全部剪定。横に展開した太い枝、ここをどうするか迷ったのですが、やはりここも思い切って剪定しました。

この状態では、幹に面白みがないので、ラフィアを巻いてその上から針金を巻きつけていきます。

なぜ今回はラフィアを巻いたのか・・・それは、幹の中間、ちょうど曲がったところの少し上の部分を捻転させようと思ったので幹を保護する為です。

果たして効果はどうか、慎重に捻転させていきます。

どうにか綺麗に捻転できました。そこから、横に展開している細い枝にも針金を掛けていきます。

それぞれをかなり下向きに曲げ付けて終了です。

ここから左右の枝を展開、充実させて、上部ももう少し伸ばし枝が左右に展開すればいい感じになってくるのかな〜

楽しみになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました