想像膨らむもみじ盆栽の曲げつけ

昨年の春先だったと思います。知人から頂いたもみじ盆栽の苗。

以前使用していたパソコンがクラッシュして、保存しておいた盆栽達の写真もリカバリーできませんで・・・・このもみじ盆栽の過去の写真がありません。

ここ一年で少し成長したかな〜ってな感じです。

今日は私用でお仕事を休み、朝から時間があったので、このもみじ盆栽の曲げつけを行いました。天気も良かったので外での作業です。

頂いた時には、ある程度幹の部分が曲げつけられていたのですが、自分でさらに針金を掛けて曲げつけを行っていたのですが・・・・幹に食い込んでしまいました。

年数が経過すると目立たなくなるのでしょうか?針金を外すタイミングも大事なんですね〜また一つ勉強になった失敗の一つです。

先程の失敗を繰り返さないように、少しでもリスクを下げるべく・・・針金を掛ける前に必ずラフィアを巻きます。これで、おる程度針金が幹に食い込むのを防ぐ事が!

もちろん、これで万全では無いので、しっかいりと春以降の観察が重要です。

枝分かれしている先からの曲げつけですが、直線的でしたので、枝を左右、上下に!

最後に、2本ほぼ同じ場所から出ている枝、手前を剪定して終了。

来年の葉の展開を想像して、再来年の形はこうしようかな〜〜〜〜〜っと

想像が膨らんで行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました