寄せ植えモミジ苗の葉すかし

今回は、寄せ植えにしたモミジ苗の葉すかし。

昨年種蒔きして発芽したモミジを掴み寄せ植えにして管理しています。

5月いい感じで葉も固まってき始めたので、その作業に入りました。

全部の葉を刈るという方法もあるのですが、今年植え替えを行い、根もカットしたためあまり木に負担をかけないようにしました。

では、葉すかしの方法、画像のように葉が二股になって展開しているので、その1つを剪定します。

その時自分は、寄せ植えにしているので、基本的にはその中心、内側に伸びている方の葉を剪定。

剪定鋏を使用してカットしていきます。伸びている枝のどの部分でカットして大丈夫、自然と枝は落ちてきます。ちょっと見にくいのですが、赤枠で囲んだ部分、中心に伸びた葉を剪定です。

葉すかし前

葉すかし後

葉すかしの前後で比較すると、葉が半分になったので随分スッキリして根元と枝に日、風当たりがよくなったと思います。

そこからまた新しい芽が展開してくれるかな〜

次の苗も同じように葉すかし

でも今度の苗は、これ以上伸びないように部分的ではあったのですが、頭頂部を詰めました。

赤枠で囲んだ部分、二番目が伸びて展開しています。このままにしておくと、さらに伸びていく可能性があるので、これ以上展開しないように、赤ラインところでカット。ついでに内側に向かっている葉もすかしました。右の画像、赤枠の部分。

あとは同じような作業の繰り返し

内側(中心)に向かっている葉を剪定。

葉すかし前
葉すかし後

スッキリしてしっかり日当たり、風通しが良くなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました