ケヤキ苗の麻紐による矯正解除

もういよいよ明日から2月になります。早いもので今回紹介するケヤキ苗は、2月の中旬頃に種をまいて軸切り挿木にしたもので、3年生になりました。

将来は箒立ちになるように頑張って管理、昨年の12月に枝が真っ直ぐ上に伸びるように麻紐を使って矯正を行なっていました。

以前は、麻紐ではなくて、枝を曲げ付する時に使用する針金を使っていたのですが・・・・・ぐにゃぐにゃで次には使用できなくコスト的にも問題があったので、100円ショップで購入できる麻紐に今回は挑戦していました。

では早速麻紐矯正を解除して、軽く剪定していきます。

麻紐を撮る時は、ゆっくり丁寧に取り除いてあげないと、枝に繊維が絡んでいて、芽を傷つける可能性がありますね!

枝の矯正具合は、針金を使用した時とあまり変わらないような気がしました。

他のケヤキの苗たちも解除していきます。

いい感じに矯正がかかっていますね〜内側に枝が曲がり込んでしまったところもあるのですが、ここは剪定することで随分目立たなくなります。やはりケヤキの枝を矯正するときは、解除後に剪定した方が綺麗になるような感じですね〜

矯正解除全て終わりました。

今度は一回り大きな鉢に植え替えの予定です。

コメント

  1. トイレさん より:

    hironoriさんの植物への愛情が伝わってきますね😊

タイトルとURLをコピーしました